オリジナルのバッヂのおすすめの利用法

「缶バッヂ」といえば、好きなアニメやキャラクターやアイドルのコレクショングッズとして集めたり、DIYが好きな方は素晴らしい工夫を凝らしてオリジナルの作品を作ったり、カバンや洋服にワンポイントとして付けたりと様々場面で使えるお洒落アイテムです。とくにコレクターの方は沢山持っていて他に付ける場所が思い浮かばない・大切なレアアイテムであったりする場合は外で使用したくないという方もいるのではないでしょうか。今回は、そんなコレクターの方必見のお洒落なオリジナルインテリアアイテムに大変身させる方法をご紹介します。お洒落なインテリアアイテムにもなると同時に見せる収納にもなって一石二鳥です。保管方法に困っているという方、引き出しにしまいっぱなしな方にも大変おすすめです。

缶バッヂを使ったオリジナルインテリで「見せる収納」その1

缶バッヂを使ってインテリアアイテムを作る方法をご紹介します。100円ショップの「コルクボード」を使う方法用意する物は、100円ショップで購入できるコルクボードです。作り方は、コルクボードに並べるようにして貼り付けていきます。貼り付け方法は、このままくっついたままでOKという方は接着材やグルーガンやボンドなど取れにくさを重視したアイテムで貼り付けていきます。途中で取り外す可能性があるという方は、粘着力の弱い物を使用するか小さなラッピング用のポリ袋などに収納してから貼り付けます。ポリ袋に収納しておけば、本体には接着剤が付かないので好きなタイミングで取り外して使うことができます。袋ごと接着することができる上に汚れや埃などからも保護することができます。

缶バッヂを使ったオリジナルインテリアで「見せる収納」その2

好きなリボンを使って作る方法用意する物はお好みのリボンです。長さは使用する個数によって異なりますので長めに用意することをおすすめします。リボンはいろいろな素材の物が100円ショップに揃っています。大型の手芸店では一味変わったデザインや素材の物もありますので是非お気に入りを見つけてみて下さい。リボンを用意したら、好きな長さの2倍にカットします。大きめの丸カンやキーリングなど丸い物にリボンを引っかけます。この丸カン部分が、壁に掛ける部分になります。引っかけられそうな物でしたら何でも大丈夫です。リボンに安全ピンで刺して上から順に取り付けていきます。袋に収納したままの場合は接着剤で貼ったり、両面テープなどで貼ってもOKです。きっちり隙間なく取り付けたり、リボンの素材感を見せるように間隔を開けたり飾りなどを付けてみても素敵です。